本屋バイトの評判・実態を経験者の視点からリアルに徹底解説します!

フリーター向け

本屋のバイトって難しいのかな?

働いてみたいけど不安だな…

面接受かるのも難しそう…

本好きしか受からなかったりするのかな?

人間関係が不安…

この記事はそんな悩みを解決します!

本屋バイト経験者の目線で解説しているので、リアルな実態をお届けしています。


はじめまして!

20代後半のフリーターから中小企業→優良企業幹部へキャリアアップを成功したtoreと申します。

最近あった嬉しいことは、体重が-0.1kg減ったことです。(誤差)

さて、軽く自己紹介をしますと、

私は大学院卒業後バイトを転々とし、紆余曲折を経て優良企業幹部のポストにヘッドハンティングされました。

そんな人生いろいろあった私のフリーター時代に経験した「本屋」バイトについて解説していきます。

本屋バイトの良い点・悪い点全て赤裸々に公開しちゃいます。

本屋バイトの仕事は大変?簡単?

結論からいうと、大変です。

え、そうなんや。

じゃあやめとこ。

画面閉じてスマホぶん投げようとした方、

ちょっと待った!

本屋バイトは大変、『だけど』・・・この後に超重要なことがあるんです!

このあとの理由を見逃したら後悔しちゃいますよ!

もったいぶらずに早速ご紹介します。

本屋バイトは大変。だけど?

『めちゃくちゃ楽しい』です。

そう、めちゃくちゃ楽しいんです。

具体的に解説します。


 楽しい理由①:自分でオススメ本の展開ができる

これは本好きじゃなくても結構楽しいですよ。

ちなみに『展開』というのは、

売り出したい本やコーナーをいろんな装飾を使い販促することです。

下の画像ではわかりにくいですが、(著作権の関係でバリバリ展開している画像がみつかりませんでした)

ここにPOPや宣伝素材を装飾し、もっとド派手にコーナーを作っているイメージです。

※「本屋 展開」とググるとたくさんでてきます。

展開の楽しいところ

・従業員と意見を出し合い共同作業できる

・自分の意見が反映されやすい

・自分が好きな本だとやる気100倍

そう、お気づきの方もいると思います。

これはまさに『文化祭の創作物のアイデアを出し合うあの時』のような感覚!

仕事という感覚ではなく気軽に楽しく作業します。

ついつい熱中してしまう作業ですね。


 楽しい理由②:好きな本の話題ですぐ友達ができる

一緒に働く従業員はもちろん本好きが多いです。

なのでオススメ本や好きな本の話題から従業員同士すぐ仲良くなります。

ジャンルはだいたいアニメ・漫画系が意気投合しやすいですね。

私はコミュ力には自信がなかったのですが、

「本」という共通のフィルターを通すとすぐ仲良くなれて

とても楽しく過ごせていました。

「コミュニケーションが苦手」という方には超オススメな環境だと思います。


 楽しい理由③:仕事内容が多く、様々なスキルを取得できる

これはある意味「楽しい」とは違うかもしれませんが、オススメな理由の一つです。

本屋の仕事はざっくり下記の内容です。

本屋の仕事内容

・レジ

・検品

・品出し(展開)

・発注

・売上、在庫分析

・市場分析

・レジ締め

ご想像の通りけっこう仕事は多いです。

この内、「発注」「売上、在庫分析」「市場分析」は上級者向けですが、

ここまでマスターできれば正社員就活などでかなり強いエピソードトークができます。

そしてこれらの半分だけでも極めると、

日々の業務が充実感に溢れます。

うわぁ、めっちゃ高度な業務できてる…

なんやこの充実感…

この充実感は本物です。

正直ここまでできたらどんなバイトでも楽勝でこなせるぐらいのスキルが身につきます。

次の見出しでは本屋の仕事内容を具体的に解説していきます。

本屋の仕事内容を徹底解説

レジ

本屋の場合は「レジシフト」が設けられ、一定の時間帯はレジ専属で従事します。

大体1.5時間くらいで交代します。

レジ業務一覧

・会計

・返品

・商品検索

他の仕事でも共通している内容ですね。

どの仕事でもそうですが、端末の操作、店舗ごとの独自マニュアルがあります。

レジ初心者の方は覚えるまで結構キツイと思いますが、体が自然に覚えてきます。

覚えてしまえば思考停止でできる超簡単な業務です。


 違算が出ないように要注意!

違算とは実際の売上とレジに入っている金額が合わないことです。

10円や100円くらいの違いは大きな問題になりませんが、

場合によっては9,000円くらいの大きな違算がでたりします。

原因は、お釣り1,000円に対して10,000円を渡してしまっていたり…

店長は青ざめてしまいます。

一つ一つ丁寧な対応を心がけましょう。

検品

検品は、仕入れた本が発注した数と合っているか確かめることです。

これは主に開店前に行います。

大変なのはめちゃくちゃ売れ筋の本が何種類も重なって、

超大量に入荷した日です。

それはまさに戦争・・・

開店に間に合わせるべくとんでもない勢いでダンボールを開けていきます。

新人は大体目が回ってます。

新人の最初の試練かもしれませんね。

品出し(展開)

品出しは入荷した商品を店頭に出すことです。

展開は冒頭で説明したとおり、本の販促のための装飾・コーナー作りをすることです。

展開がしたくて本屋に入りました!

という人がいるほど楽しいです。

自分でいろいろ販促を考えられるバイトってあんまりないですからね!

本屋オススメの大きな理由です。

発注・市場分析

これは上級者向けです。

主にリーダーが担当します。

今の市場を分析し、「何を」「どれだけ」仕入れれば売上が見込めるのか

分析したうえで発注します。

責任感も問われかなりハイレベルな業務です。

ただこれができればどの業界にいっても通用するスキルになりえます。

売上・在庫分析・返品

本屋の仕入れというのは特殊な仕組みで、

売れない商品などは仕入元に返品して返金してもらえます。

かなりいいシステムですよね。

理由としては、そうでもしないと売り場や在庫置き場がどんどん圧迫されてしまうからです。

なので売れ残りはどんどん返品していきます。

ここで重要なのは、「何を返品すべきか」です。

これもまた市場や日々の売上をしっかり分析しないと、

実は売れ筋の本を返品してしまった、という自体になりかねないので注意が必要です。

レジ締め

当日の売上を確定させ、違算がないか調べる業務です。

主にリーダーやある程度仕事に慣れてきた人が任されます。

本屋バイトに向いている人

私が考える「本屋バイトに向いている人」は以下に当てはまる人です!

ウェーイ系が苦手な人

・論理的に物事を考えられる人

・同じ趣味の友達を作りたい人

・就活などで頑張ったエピソードや自分のスキルをアピールしたい人

特に一番上が重要ですかね笑

本屋の従業員は派手な人がいないので、過度なコミュニケーションは必要ありません。

平穏に穏やかに人間関係を構築したい方にオススメです笑

また、繰り返しになりますが本屋バイトで身につけたスキル・経験は就活でかなり使えます。

というのも、本屋バイトの面接の時点で垣間見えます。

次の章では本屋バイトの面接では何が聞かれるのかを徹底解説します。

本屋バイトで聞かれる質問は?これさえ見れば心配なし!

ずばり網羅して解説します!

質問内容

・志望動機

・当店を利用したことは?その時の印象は?

・なんの本が好きですか?

・今まで頑張ったことは?

・チームで働く上で重要なこと?

・あなたの強みを本屋バイトでどう活かせるか?

・質問はありますか?

それぞれの質問を私の回答例を添えて解説します。

志望動機は?

漫画や本を読むのが大好きで、それを仕事にして頑張りたいと思いました。

当店を利用したことは?その時の印象は?

あります。欲しい本がすぐ見つかりとてもわかりやすいレイアウトでした。

店員さん丁寧に対応していただき「いいお店だな」と思いました。

なんの本が好きですか?

ワンピースなどのバトル漫画、東野圭吾などのミステリー小説が好きです。

今まで頑張ったことは?

前職のカラオケ店でランチメニューの販促を頑張りました。

手書きでおしゃれなボードの作成など、従業員でアイデアを出し合い、

売上アップにつなげました。

チームで働く上で重要なこと?

コミュニケーションを欠かさないことです。

自分ひとりの「個」でできる業務ではないので、

チーム全体でのコミュニケーションが必要不可欠だと思います。

元気な挨拶からはじまり、「報・連・相」をしっかり実践します。

あなたの強みを本屋バイトでどう活かせるか?

私の強みはコミュニケーション力です。

繰り返しになりますが、前職のカラオケ店でも同僚としっかりディスカッションし、

チームとしての動きを実践してきました。

御社でも是非活かしていきたいと思います。

質問はありますか?

ー私

はい。御社の店内はいつもきれいで見やすいレイアウトだと感じています。

なにか心がけている点はありますか?

ー面接官

コーナーごとのめりはりをしっかりつけ、

ジャンルをわかりやすく展開していることですかね。

ー私

ありがとうございます。

私がもし合格しましたら、是非貢献したいです!

こんな感じで合格しました。


 特に重要な点は、頑張ったエピソードとコミュニケーション能力のアピール

頑張ったエピソードは必ずコミュニケーション力をイメージできるような内容にしてください。

というのも、質問内容から分かる通り本屋は従業員間での情報共有が特に大事だからです。

本屋における一つの情報の漏れは機会損失や全体のオペレーションの乱れに直結するからです。

面接官は、「この人はしっかり話せて『報・連・相』ができる人なのかな」

という点で評価しています。


 面接で絶対に言ってはいけないNGアンサー

「本は特に好きではないです」

「違法サイトで本を読んでました笑」

落とされて当たり前のアンサーですが、実際にこう語った人がいるんですよね。

「違法サイト」のくだりは言わずもがなです。

「本が好きではない人」に関してはそもそも本屋バイトを考えていないだろうし、

それでも本屋を受けたい場合は

「最近読書にハマっていて、これからいろんな本を読んでいきたい!」

という前向きなアンサーにすればいいと思います。

まとめ&本好きじゃなくても受かる?

本屋バイトは、業務は大変ですが身につくスキルはかなり大きいです。

向上心のある方は都心にある広めの本屋を志望してみるのがオススメです!

冒頭にもあった、「本好きじゃなくても受かる?」に関してですが

結論普通に受かります。

ただし、「本好きじゃないけどなんとなく受けに来ました」というスタンスだと落ちます。

なぜなら、本屋のバイトは結構人気で、その大半が本好きをアピールしています。

それにせっかく採用するなら本が好きな人を選びますよね。

それでも受かりたい場合は、

「これから本を好きになっていきたい」という理由付けをするといいかもです。

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました