フリーターからでも正社員として就職しやすいおすすめの業界

業界 フリーター向け

正社員として働きたい・・・

フリーターからでも就職しやすい業界ってどこかな?

この記事ではこんなお悩みを解決します!


はじめまして!

20代後半のフリーターから中小企業→優良企業幹部へキャリアアップを成功したtoreと申します。

最近の悩みはポッコリお腹がなかなか凹まないことです。。

 

 

 

さて、軽く自己紹介をしますと

私は大学院卒業後バイトを転々としたあと中小企業の営業職に採用され、

紆余曲折を経て優良企業幹部のポストにヘッドハンティングされました。

そんな崖っぷちの人生から這い上がった私が

「フリーターからでも就職可能なオススメ業界」について解説します。


オススメ職種は営業か総務・経理職!

営業

オススメ業界のご紹介の前に、オススメの『職種』を解説します。

それは営業職か総務・経理職です。

この記事ではのちのちの「出世しやすさ」を考慮してオススメしているので

その前提だとこの2つになります。

参考記事:

もちろん人によっては現場系作業員や医療関係など現場専門職に向いている人もいるかと思いますが、

当ブログではそれ以外の職種、業界をご説明させていただいています。

ご了承ください。

フリーターでも就職できるオススメ業界①:建設系下請業者

建設系下請業者とは、

例えばある建物の建設を発注を受注した企業(元請企業と呼ぶ)が

建設に必要な鉄筋、型枠、設備、内装などの専門作業をを別の企業(下請企業と呼ぶ)に外注します。

その外注依頼を受注するのを下請企業といいます。

この下請企業の営業か総務・経理がオススメです。

仕事内容

・元請企業への営業

・元請主催の懇親会、総会などへの出席

・施工方法の打ち合わせ

・現場作業員の管理

オススメな理由は以下の5点です。

オススメな理由

・ほぼルート営業で回りやすい

・人手不足で就職しやすい

・総会の場などで人脈ができやすい

・工事が盛んな地域であれば給料が高い

・営業→施工→請求までの流れを把握できる

地方のこの業界は穴場です。

どこの企業も「若手が足りない」「人手不足だ」と嘆いています。

確かに地味な業界でかつ地方となると応募がなかなかこないのが現状です。

しかしこれを逆手に取って就職するのは結構オススメです。

既卒のフリーターの方でしかも30代前半でも貴重な人材として扱われます。

そしてこの業務を経験すればのちのち転職することになってもつぶしが効きます。

営業も請求もできる、打ち合わせ能力も付く、作った人脈も活かせる

となると他の業界でも自己PRとして大いに役立てられます。

フリーターでも就職できるオススメ業界②:食品メーカー

食品メーカーの中でも加工食品を扱い自社の商品を販売する会社がオススメです。

仕事内容

・自社商品の販売

・新商品の企画開発

・自治体や店舗への営業

オススメな理由は以下の3点です。

オススメな理由

・ルート営業の他にも自分で新規顧客を開拓できる

・新商品の企画開発に携われる

・自治体や団体など多岐に渡る業界と人脈ができる

新しいことを企画するのが好きな人にはオススメです。

常に世の中に「バズる」商品を考えているので、結構クリエイティブな仕事です。

従業員も柔軟な発想に富んだ考えをもっているので

共感できれば非常に働きがいのある仕事だと思います。

それと後々のことを考えた時に人脈は大きな武器になります。

食品となると店舗運営の顧客だけでなく地方の自治体や各組合とも連携するので

やりようによってはとても大きなパイプを作ることができます。

私の知り合いは食品関係の営業を経験した後に独立し、

組合との人脈を活かして事業を営んでいます。

とてもやりがいのある業界です。

フリーターでも就職できるオススメ業界③:マーケティング

マーケティング

マーケティング職は大きく2つのパターンがあります。

①社内マーケティング

自社内でのマーケティング業務に専念する仕事です。

他企業から受注したりするわけではなく、自社の専門分野のマーケティングに特化します。

②マーケティング業務受注会社

ーケティング業務の完全受注会社です。

受注専門なのでさまざまな業界の企業のマーケティングをすることになります。

仕事内容

・販売計画、宣伝方法などの企画立案

・webサイト構築や集客の企画立案

・企業ブランディングの提案

オススメな理由は以下の5点です。

オススメな理由

・営業から企画実行まで全てのプロセスに携われる

・自分の企画が企業の売上、ブランディングに直接貢献できる

・多くの周辺知識を得られる

・さまざまな人脈ができる

・スキルを習得すれば独立できる

特に外部からの委託マーケティング業務であれば

さまざまなデータを分析し、顧客の経営状況までしっかり把握しなければなりません。

そして顧客の悩みを吸い上げ、最適なマーケティング企画の立案をします。

広告宣伝ももちろん重要な仕事としてありますので

場合によってはYouTuberなどのインフルエンサーとの関わりも持ちます。

このように多くの業務があるのでしっかり経験して習得すれば

独立して生きていくことも十分可能です。

 注意点:経験や実績がないと就職が難しい

マーケティング

ここがネックです。

ほとんどのマーケティング会社は経験者を優遇しています。

未経験だと結構難しいかもです。

しかし可能性はあります。

未経験者がやっておくべきこと

・Twitterやブログ運営などで成果をだす

・web制作の勉強をし、実際に売上をあげる

この点をアピールできれば可能性はあります。

「どうしてもマーケティング会社に就職したいから自分で成果をあげてきました」

というアプローチで熱意を伝えれば可能性大です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ちなみにこれらのオススメ職種は「中小企業」が前提の話です。

既卒で大企業志望の場合はグンと難易度があがるのでオススメしていません。

しかし今回ご紹介した業界への就職のように、

やりようによっては人生逆転のキャリアアップが可能です。

そのあたりは下記の記事にまとめておりますのでご参考までに読んでみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました