居酒屋バイトの評判・実態を経験者の視点からリアルに徹底解説します!

居酒屋 フリーター向け

居酒屋のバイトって難しいのかな?

働いてみたいけど不安だな…

料理作ったり忙しそう。

初心者でも大丈夫かな?

人間関係が不安…

この記事はそんな悩みを解決します!

居酒屋バイト経験者の目線で解説しているので、リアルな実態をお届けしています。


はじめまして!

20代後半のフリーターから中小企業→優良企業幹部へキャリアアップを成功したtoreと申します。

最近あった嬉しいことは、体重が-0.1kg減ったことです。(誤差)

さて、軽く自己紹介をしますと、

私は大学院卒業後バイトを転々とし、紆余曲折を経て優良企業幹部のポストにヘッドハンティングされました。

そんな人生いろいろあった私のフリーター時代に経験した「居酒屋」バイトについて解説していきます。

居酒屋バイトの良い点・悪い点全て赤裸々に公開しちゃいます。

居酒屋バイトの仕事は大変?簡単?

結論から言うと、普通に大変です。

え、まじかよ。他のバイトにするか。

ちょっと待った!

「普通に大変」なのはどのバイトでも一緒ですよ!(残念ながら)

その上で、「大変だけれども、めちゃくちゃ楽しい」です。

特に学生さんにはオススメです。

その理由をこのあと一挙公開します!

良い面だけでなく悪い面もしっかり解説します。

居酒屋バイトがめちゃくちゃ楽しい理由

業務の大変さ以上に楽しい理由を解説します。

※あくまで私が働いていた居酒屋の感想です。


 楽しい理由①:まかない料理が美味しい(無料)

従業員によりますが、料理が上手な人が作るまかないがほんとに美味しかったです。

しかも店頭メニューにはないオリジナルなので特別感がありましたね。

私が働いていた居酒屋では、まかない料理は無料でいただけたので家計的にも助かりました。

こういった店舗を探す際は、求人票の「まかない有り」というのを目印にすると良いかもです。

 楽しい理由②:退勤後そのまま飲める

店員同士仲良くなって、退勤後そのまま飲んでいくというパターンを何度も経験しました笑

もちろんお店の混雑時は避けるなど、迷惑のかからないようにですが。

社割りもあるし、料理をサービスしてくれたりしたのでコスパは最強でした。

 楽しい理由③:陽キャが多く、仲良くなりやすい

居酒屋

従業員の気質は基本的にみんな明るい陽キャです。

②でも書いたとおり退勤後そのまま一緒に飲んだりは日常茶飯事だし、

仕事外のプライベートでも普通に友達として遊んだりもしょっちゅうでした。

なので友達を増やしたい方にはオススメです。

 

 

 

いかがでしたか?

居酒屋で働いてみたくなりましたか?

次の章では居酒屋の業務内容を徹底解説します。

居酒屋の仕事内容を徹底解説

居酒屋の仕事内容はこんな感じです。

・レジ

・ホール&ドリンク

・調理

・キャッチ

ご覧のように、普通の飲食店と似ていてやることはシンプルです。

一つずつ解説します。

レジ

一般的なレジ業務です。

ややこしい点はほぼありません。

強いて言うなら割引券などの操作を気をつける点でしょうか。

ホール&ドリンク

他の居酒屋も大体同じだと思いますが、ホール(商品提供係り)はドリンク作りも兼ねています。

なので混雑時はかなり動きます。

調理から出されたフードはもちろん、オーダーを受けたドリンクを自分で作らなければなりません。

新人はここから任されます。

調理

調理は中〜上級者向けです。

基本的にフード作りに専念します。

キャッチ

地域や店舗にもよりますが、お客さんの入りが悪い時にキャッチに出向いたりします。

新人が任されることも結構多いです。

居酒屋バイトに向いている人

私が考える「居酒屋バイトに向いている人」は以下に当てはまる人です!

・話すのが好きな人

・楽しく和気あいあいと仕事したい人

・バイト仲間と仲良くなりたい人

・料理、お酒が好きな人

居酒屋の仕事は、必然的に「人と話す機会」が多くなります。

なので人と話すことに抵抗感がなく、楽しめる人に向いています。

また、お酒を多く取り扱うのでお酒の基礎的な知識を持ち合わせているとよりいいでしょう。

最初は知識がなくとも、仕事をしているうちにだんだんと詳しくなっていきます。

 逆に居酒屋バイトに向いてない人は?

孤独

陰キャ系、コミュ障系です。

同僚に暗い印象を持たれると、一瞬で距離を置かれるので注意してください。

もし、それを克服したくて居酒屋バイトで自分を変えたい!という方にはオススメです。

無理矢理にでも明るく接していればコミュ障などは治りますのでチャレンジしてみてください。

居酒屋バイトの面接で聞かれる質問は?これさえ見れば心配なし!

ずばり網羅して解説します!

とは言っても、居酒屋バイトの面接は雑談みたいなものなので超楽勝です。

一応質問例を挙げておきます。

質問例

・家からどれくらいで来れる?

・週どれくらいシフト入れる?

・お酒は好き?

簡単なことしか聞かれません。

重要なのは、「この人は週にどれくらいのシフトで入れるのか」

「普通に会話できるか」、という所です。

店側の希望と合致すると、場合によってはその場で合格がでるときもあります。

居酒屋は人手不足の所が多いので、「いい人がいればすぐ採用したい!」

というお店が多いようです。

居酒屋バイトでキツい瞬間ってどんな時?

居酒屋の仕事ってどんな

ツラさがあるのかな?

ここまで、居酒屋バイトは大変だけどめちゃくちゃ楽しいとご紹介しました。

ではその大変でキツい瞬間はどんな時なのでしょうか。

居酒屋でツラいと感じる瞬間

・嘔吐物処理

・泥酔したお客様のだる絡み

・宴会のお客様が複数組も重なった時

ズバリ、この3つです。

 嘔吐物処理

避けて通れないのは「嘔吐物処理」です。

特に混雑時、席やトイレで嘔吐物を残していくお客様は絶対います。

どこの居酒屋でも一緒ですね。

もちろん店員が片付けるので、新人の内は結構ショッキングです。

慣れるまで先輩に教えてもらいましょう。

 泥酔したお客様のだる絡み・宴会のお客様が複数組重なった時

ねぇねぇ彼氏いるの〜?

お兄さーん!

ビール10個ちょうだい!

皆さんも混雑した居酒屋の雰囲気はご存知かと思いますが、

裏では従業員達はてんてこ舞いです。。

特に若い女性店員だと、忙しいのに泥酔客に絡まれたりとかなり大変なようでした。

そして宴会が重なると超地獄です。

主に忘年会・新年会シーズンですね。

残業は当たり前ですし、疲労感が半端ないです。

なので、忘年会・新年会シーズンを避けて入社し、

一通り覚えてからこのシーズンを迎えるのがベストだと思います。

まとめ

いかがでしたか?

まとめると、

人と話すのが好きお酒や料理が好きな人友達を作りたい人に居酒屋バイトは向いています。

 お酒が苦手な人でも大丈夫?

大丈夫です。

全然知識がなく苦手でも、「今後のためにお酒の知識だけでも覚えたい!」

という気持ちがあれば採用されます。

お酒の知識があると話のネタになるので、この機会に勉強してみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました