経理・総務の仕事内容、やりがいは?フリーターでも就職できる?出世できる?

経理・総務 フリーター向け

総務ってどんな仕事をするんだろう?

フリーターでも就職できるかな?

こんな疑問を解決します。


はじめまして!

20代後半のフリーターから中小企業→優良企業幹部へキャリアアップを成功したtoreと申します。

最近の悩みはポッコリお腹がなかなか凹まないことです。。

 

 

さて、軽く自己紹介をしますと

私は大学院卒業後バイトを転々としたあと中小企業に採用され、

紆余曲折を経て優良企業幹部のポストにヘッドハンティングされました。

そんな崖っぷちの人生から這い上がった私が

「経理・総務の仕事内容」「フリーターからでも転職できるか」について解説します。

フリーターからの転職については「中小企業」を例にとって解説しています。

仕事内容、やりがいについては大企業・中小企業共通となっております。


経理・総務の仕事内容は?

経理と総務でそれぞれ解説していきます。

経理の仕事内容

仕事内容

・各種帳簿管理

・支店、本店売上の集計

・経費関係処理

・月次監査・確定申告対応

各種帳簿管理や税金関係の仕事をします。

毎日の業務は売上、経費の集計です。

本社以外に支店があれば、各支店から上がってきた売上などを集計し帳簿に記帳します。

そして経費関係の処理をし、帳簿残高とあっているかどうか管理します。

また税金関係として月次監査や確定申告の対応もします。

税理士の指示通りに領収書を集め、監査や確定申告で不備がないようにチェックします。

総務の仕事内容

仕事内容

・事務系雑務

・電話、来客対応

・従業員の保険、給料等管理

・支店と役員間の連絡

・銀行、役所等機関との会談

・各種イベント企画、司会進行

総務の仕事内容は多岐に渡ります。

本社での事務系雑務、電話・来客対応、従業員の保険・給料等管理。

また支店や部下から上がってきた稟議書を役員に通しのその可否を伝えるなどの橋渡し役でもあります。

時には銀行や役所などの機関と会談したりします。

経理・総務のやりがいは?

経理のやりがい

会社のお金の流れをリアルに見れることは貴重な経験です。

どのように売上げ、どのようにお金を使い、どのような決まりでお金を管理するのかを

肌で触れられる事がやりがいです。

このような経験ができれば転職や起業をしても経理は自分でできてしまうことが強みです。

どこに行ってもつぶしがききます。

総務のやりがい

会社の根幹となる事務処理、書類作成、重要人物との対応など重要な仕事を担えるのがやりがいです。

出世するためには上司との良好な関係構築が必須なので人間関係も学べます。

一日が目まぐるしく回るのでとても働きがいがあると思います。

経理・総務はフリーターでも就職できる?

面接

結論できます。

ただし現実問題、中小企業でないと厳しいです。

大企業の場合は新卒達で埋まっていますし、超人気職種なのでほぼ不可能です。

中小企業の経理・総務は若手不在や人手不足の所が多いので

案外狙い目だったりします。

ちなみに営業職もオススメしていますので

興味がある方は下記の記事も御覧ください。

出世できる?

出世

大企業の場合

頑張れば経理・総務部長までは出世できますがそれより上の役員クラスは難しいでしょう。

大企業の役員クラスは各分野の専門家など外部役員で構成されています。

生え抜きの社員もたまに役員に居ますが、ほんっっっとに一握りの人材です。

数百〜数千の社員がいるなかで特に抜きん出ている人などが役員になることがあります。

そして社長クラスの経営陣に強く印象づけ、一生懸命ゴマすりする必要があります。

なので「役員になりたい」というのはほぼ無理だと思います。

中小企業の場合

会社によってはわずか数年で役員になれることもあります。

私の知り合いでは経理として入社後、5年後に社長秘書に昇進した人が居ます。

何故このようなことが可能なのかというと、

「人手不足・若手不足」だからです。

それだけ若手でやる気のある社員はトントン拍子で出世していきます。

ちなみにその知り合いは、

中小企業の社長秘書を勤務後、大企業からヘッドハンティングを受けて転職しました。

まさにシンデレラストーリーですね。

こういった意味で「中途からの一発逆転」としてオススメしています。

これに関する記事も書いておりますので是非御覧ください。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

経理・総務どちらも会社の根幹に携わる仕事なので

重要感のある仕事です。

また既卒からの就職であれば中小企業のほうがチャンスありということです。

是非参考にしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました