フリーターから抜け出したい!元ニートの僕が営職をオススメする理由

フリーター 正社員 フリーター向け
フリーター
フリーター

フリーターから抜け出したい…

求人票を見てると営業職が多いけど自分でもできるのかな?

こんなお悩みを解決します。

本記事の内容

・そもそもフリーターから正社員への転職は難しい?

・フリーター転職に営業職がオススメな理由

・どういう会社を狙う?

・面接ではどういう質問をされる?

記事の信頼性

当サイト筆者はニート→フリーターを経て中小企業に営業として入社後、

優良企業の経営幹部にヘッドハンティングされた経験があります。

『フリーターから抜け出したい!』という気持ちはとても大事です。

 

なにも動かずこのままズルズルいけばフリーターのままか、

安定しない過酷な現場労働にしか就けなくなります。

 

そこで本記事では20代後半〜30代前半でも正社員就職可能な『営業職』について解説します。

 

この記事を読めば「フリーターを抜け出したい方にこそ営業がオススメな理由」が分かり、

フリーターから抜け出せます。



そもそもフリーターから正社員への転職は難しい?

全然難しくないです。

むしろ超イージー。

なので27歳位までは安心してフリーターや自分探しの旅をしていていいと思います。

しかし、「フリーターから正社員への転職は簡単」にはただし書きがあります。

それは、

大手企業採用はかなり難しい

・キャリア採用(幹部出世組)はかなり少ない

この2点です。

何故かというと日本は「新卒至上主義」「天下り文化」「経験年数重視」の風潮があるからです。

これにより「フリーターから大手企業へ転職し人生一発大逆転!」というのはかなり難しいです。

 

よってこの記事は主に中小企業に絞った就活について記載しています。

しかし!

このブログではフリーターからでも大手や優良企業の幹部への道を切り開く「裏ルート」をご紹介しています。

 

約3年間底辺フリーターだった私の実体験から得たノウハウをご紹介しているので信頼性は高いと思います。

興味がある方は御覧ください。

 

話を戻し、ひとまず「フリーターから正社員転職」を考えましょう。

この記事では「営業職」への転職にフォーカスしています。

フリーターから抜け出したい人に「営業職」がオススメな理由

営業

営業職オススメの理由

 普通に話せればいいから

 高度なスキルは求められていないから

 営業を経験すればどの業界でも通用するから

 

つまり高度なスキルは求められていないのです。

これは接客の経験しかないフリーターには嬉しいですよね。

とは言っても、マニュアル通りの接客しかしてこなかったから、

いきなりガチの営業は難しいのでは…?

たしかに、営業未経験の方は不安がありますよね。

私自身もそうでした。

 >> 【営業職志望必見!】話し方の練習方法 ※この方法でコミュ障の私でも営業職に内定しました

しかしやってみると意外とできます。

もちろん最初の頃は

ね、値段の交渉にいくんすか!?(泣)

新規営業こえーww

って感じでしたが、流れさえつかめれば「あ、これ結構できるな」という感覚になります。

 

そこで重要だったのが、過去のアルバイトでの接客経験でした。

バイトの接客経験は営業職に役立つ?

バイトの接客経験はかなり応用できます。

 

正社員就職に役立つバイトは以下の記事に書いていますので是非ご活用してください。

>> 自己PRに使える!経験しておくと就活に有利なバイト4選!

何故かというとバイトでは、

お客様に対して敬語で低姿勢で話す練習ができるからです。

 

これを経験しているのとしていないのでは大きく差が出ると思います。

 

あとたった1つのきっかけ(営業の実践)さえ与えてやれば、

簡単にコツを掴むことができます。

営業を経験すればどの業界でも通用する

営業

営業という仕事はAIが発達してもなくならない仕事だとされています。

何故ならあらゆる物事の始まりは人と人との関わりがなければ始まらないからです。

  

つまり、「営業スキル」があると食いっぱぐれることはありません。

例え違う業界に転職を考えていても営業スキルは存分に発揮できます。

 

今後の転職にも役立つスキルなのです。

フリーターから抜け出したい人の営業への転職:どういう会社を狙う?

フリーターからの転職の場合は「中小企業」を中心に就活してください。

 

「大手企業」ばかりだとほぼ100%受かりませんよ。

 

「中小企業」に絞る理由は下記のとおりです。

就活を中小企業に絞る理由

・人手不足で採用されやすい

・中途入社の割合が多く親近感が湧く

・従業員数が少ないため出世しやすい

冒頭にも述べたとおり、

今の日本は「新卒至上主義」「天下り文化」「キャリア重視」の風潮がはびこっているので

大手企業にフリーターが人生一発大逆転の内定をもらうことはかなり難しいのです。

 

募集する枠には、

「ピカピカの新卒チケットを持った学生」

「バリバリの経験者でセカンドキャリアを狙う脂が乗った中途就活生」

が殺到しています。

 

その中で戦うのはかなり分が悪くオススメしません。

 

誰もが振り向くような資格やスキルがあれば別ですが・・・

無料で利用できる転職サービス
ウズキャリ既卒 ※年齢制限:29歳まで
IT求人ナビ未経験 ※年齢制限:29歳まで

面接ではどういう質問をされる?

面接

基本的な質問事項は新卒と変わりませんが、絶対聞かれる質問があります。

大卒の場合:

「大学を出たのに、どうしてフリーターをしていたのですか?」

ニート期間がある場合:

「この空白期間はなんですか?」

諦めましょう。絶対聞かれます。

 

耳が痛い質問ですよね。。わかります。

ただ、逆に言えばこの質問にちゃんと答えさえすればほぼ受かりますよ。

回答例:大学を出たのに、どうしてフリーターをしていたのですか?

僕も中小企業の面接時にこの質問をされました。

その時の回答例です。

 

面接官:大学を出たのに、どうしてフリーターをしていたのですか?

正直、社会人としての自覚が足りていませんでした。

「やりたいことが見つからないから」と親や友人に言っていましたが、

所詮それは嫌なことから逃げるための言い訳でした。

立派に活躍する友達や親の姿を見て、

「俺このままじゃだめだ。社会のために頑張らなきゃ」という自覚が芽生えました。

これからは心を入れ替えて生きていきたいと思います。

「まぁ普通そう考えるよなー」という回答です。

 

変に言い訳したりは絶対にNGです。

素直に自分の非を認め自覚していることを伝えるのが必須です。

まとめ

この記事では「フリーターから抜け出したい人へ営業職をオススメする理由」というテーマでお話しました。

要点としては下記になります。

・フリーター営業未経験でも可能。むしろオススメ。

・ただし大手企業相手だとかなり難しい。

・中小企業に絞ろう。

またこの記事以外では、

>> 『いい会社』の条件とは!?

>> フリーターから人生逆転する方法〜経営幹部転身までの道のりを完全公開〜

>> 出世しやすい企業の選び方

などでフリーターから成り上がるために必要な情報を発信しています。

ぜひご活用してくださいね。

コメント

  1. […] […]

  2. […] […]

タイトルとURLをコピーしました