会社で評価される人になるには?持ってると高評価のスキルを紹介!

出世 フリーター向け

出世しやすいスキルってなんだろう?

評価されて同僚を追い抜きたい!

この記事ではこの疑問にお答えします。


はじめまして!

20代後半のフリーターから中小企業→優良企業幹部へキャリアアップを成功したtoreと申します。

最近の悩みはポッコリお腹がなかなか凹まないことです。。

 

 

 

さて、軽く自己紹介をしますと

私は大学院卒業後バイトを転々としたあと中小企業の営業職に採用され、

紆余曲折を経て優良企業幹部のポストにヘッドハンティングされました。

そんな崖っぷちの人生から這い上がった私が

「持っていると評価されやすいスキル」について解説します。

会社で評価されるとどうなる?

面接

前提としてこの記事はフリーター向けに書いております。

その上で私が推奨しているのが

中小企業で評価され人生崖っぷちからの逆転」です。

大企業の場合はちょっと違うと思いますのでご了承ください。

↓こちらの記事もオススメです↓

中小企業から這い上がろう!

さて社内で評価されてどうなりたいのか、目的を明確にしましょう。

「給料をあげたい!」

「同僚より先に出世したい!」

様々あるかと思います。

この記事で解説するのは、

「会社の経営幹部にまで出世するための方法です」

すなわち、係長や課長や営業所長止まりではなく

会社上層部の幹部として評価される方法です。

同僚の中から抜きん出るどころか比べ物にならないくらいの出世ですね。

そのためには日々の業務の実績はもちろんですが

持ち合わせたスキルも重要です。

会社上層部の目に留まる、オススメのスキルをご紹介します。

中小企業診断士

中小企業診断士

中小企業診断士とはなにか。

中小企業診断士は、企業の成長戦略策定やその実行のためのアドバイスが主な業務ですが、中小企業と行政・金融機関等を繋ぐパイプ役、また、専門的知識を活用しての中小企業施策の適切な活用支援等幅広い活動が求められています。

中小企業診断協会

「経営の診断及び経営に関する助言」が中小企業診断士の業務とされています。

すなわち、中小企業における経営に関する幅広い知識が得られます。

経営に関する幅広い知識は中小企業にとってかなり重宝されます。

それは何故なのか?

経営の知識が重宝される理由

・中小企業の上層部は高齢化している

・クリエイティブな若手人材を必要としている

・大昔から続く既存事業に囚われ最新の知識がない

この3つが考えられます。

中小企業は地元に根ざした経営がほとんどで、

既存事業の1本だけで生き抜こうとしています。

ところが中小企業がゆえに、優秀な人材・若手は集まらず、

クリエイティブな発想がでない状況にあります。

その結果、既存事業が衰退傾向にあっても対処がわからず

かといって新規事業への進出など決断できないまま

経営陣が高齢化により倒産というケースが増えています。

↓参考記事↓

中小企業の半分が2025年に消滅!大廃業時代の現実と危機
団塊世代の大量引退や人口減少、少子高齢化…。日本を取り巻く数々の問題を放置すれば、2025年に大廃業時代が訪れ、日本列島が沈没しかねない。

そんな状況で「中小企業診断士」も持つ若手がいれば上層部からの食いつきはすごいです。

営業員で雇ったあいつが診断士!?今すぐ役職を変えねば・・・

というざわつきが起こります笑

冗談ではなく中小企業ではほんとにこんな大抜擢がありえるのですよ。

それだけ優秀な人材が不足しているということです。

日商簿記1級

日商簿記1級合格者は極めて高度な会計知識を有し、経営管理や分析を行う能力を持ち合わせた会計に関するスペシャリストだと言われています。誰でも簡単に手にできる資格ではないからこそ、取得することで得られる能力や評価、活用できる場面が多数あります。

TAC

日商簿記1級はかなり高度な会計スキルを得られます。

会社の原価計算やM&A、経営分析など多岐にわたる会計の知識を有することになるので

「簿記1級とりました」と伝えると、

その難易度がわかる人ならびっくりするでしょう。

ただし、会計に特化したスキルなので「経営全般知識」と考えるとちょっと社内では弱いかと思います。

中小企業診断士ほど重宝はされないでしょう。

せいぜい将来の経理部長などを見据えて役職がつくと思います。

webマーケティング

webマーケティング

「webマーケティング」とはひと言で言うと、オンラインショップなどのwebサイト、webサービスにより多くの消費者を”集客”し、サイト上に掲載された商品・サービスなどの購入を促すための活動です。

adobe

今の時代このスキルはかなり重要です。

webマーケティングは売上をあげるためにwebを駆使した集客をすることですが、

中小企業の高齢経営者はそもそもこの発想がありません。

大企業であれば「企画部」「マーケティング部」という専門部署があるので

当然のこととしてwebマーケティングを実施しています。

その時点で中小企業は置いていかれるわけです。

社内にwebマーケティング知識に強い人材がいればすぐに抜擢されます。

是非今のうちから勉強して上層部にアピールしましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

大切なのは、これらの知識を習得したら上層部にアピールすることです。

誰にも言わずに持っているだけでは宝の持ち腐れですからね。

皆さん是非頑張ってみましょう!

コメント

  1. […] […]

  2. […] […]

タイトルとURLをコピーしました